スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みそこしおたま。

2007.09.10
最近、おさかなたちが、沈んだえさを食べないことが判明。

しょうがないから、何とか浮かせたまま食べさせれないかと試行錯誤。

そこで出てきたみそこしおたま。
こいつすげぇよ。

DSCF0028.jpg


食べてるのは、アベニパファー(淡水ふぐ)のあーちゃん。
そう、にぃくんは、水槽に入ってすぐに、シッポにおできができて今日死んじゃいました。
スポンサーサイト

淡水ふぐの、あーちゃん、ベータ、にぃくん。

2007.09.05
久しぶりに、水槽に新しい仲間が入りました。

淡水ふぐ、アベニパファーって種類のやつら3人。

このふぐたち、ふつうのふぐみたいに斑点模様があるんだけど、同じようで違うんだ。
だから、見分けがつくw

アベニパファーだから、あーちゃん、ベータ、にぃくんと、安直に名前を付けてみました。

もうちょっと水槽になれたら写真撮れるはず。
今は、まだなれてなくて、すぐ隠れちゃうから。

水槽の生身のなかまたち

2007.02.10
生身の仲間たちのご紹介。
今までいた子も一気に紹介。
今現在の水槽事情です。

まずは、グリーンネオンテトラのグリーニーたち。

DSCF0037.jpg


いま30匹いるはず。
たぶん。
数えれません。


次、ちょっと写真が悪いけど、タイガープレコのこうじくん。

DSCF0041.jpg


この水槽に一番古くからいる主です。
一番いい場所にいつも陣取ってます。


ブラックファントムテトラのファントムズ。

DSCF0053.jpg


2匹います。
写真撮れなかったけど。
ファントムズはいぢめっこです。
急に誰かを追いかけはじめるやつらです。
でも、こうじくんには勝てません。


最近話題のトルコの温泉で角質を食べてくれる魚のガラルーファ。

DSCF0036.jpg


5匹います。
手乗り魚っていう別名を持っています。
お掃除しようとすると、よってきてじゃまします。
食われてる~ってかんじがします。


一度は、水槽から飛び出して死んでしまったコリドラスステルバイのゆうこりん。

DSCF0048.jpg


今度は蓋したから大丈夫。
ネコも見張ってるし。
2代目ゆうこりんは、今日も元気いっぱい。


こいつはゴンちゃん。

DSCF0049.jpg


種別はわかりません。
お店で水草用の水槽に入っていた子に一目惚れしちゃいました。
店員さんにどうしてもっていって譲ってもらった子です。


あと、コリドラスパンダのコリパンちゃん。

DSCF0050.jpg


その名のとおり、パンダ色です。
まさにパンダです。
パンダ。
うん、パンダ。


他にもいるんだけど、写真撮れなかった。
出てきてくれなかったんだもん。
アマゾンとずまちゃんがいるんだけど。

水槽の中の陶器の仲間たち

2007.02.09
昨日すっかり変わってしまったと書きました、水槽の中。
まずは、魚以外のお友達の紹介です。

あいかわらず元気(?)に居座っているおじぞうさん。

DSCF0038.jpg


ちょっと苔が目立ち始めました。
こすってもとれなくなってきたんです。
だって、釉薬塗ってる部分が少ないから。


続いて、ふくろうカップル(^▽^笑)

DSCF0035.jpg


陶器市で偶然見つけたフクロウです。
すっごいかわいいの!
2人仲良く上に行ったり下に行ったり、模様替えのたびに移動させられています。


最後にこいつ。

DSCF0045.jpg


なんだかわかりますか?
昨日の全体写真の右上隅にいるやつ。
こいつも陶器市で運命の出会いを果たしてしまったやつです。

正面から見るとこんなかんじ。

DSCF0046.jpg


これならわかりますね。
ネコです。
しかも、泥棒ネコ。

なんともユニークなやつで、縁のところに引っかけて落ちないようになってるんです。
こいつのおかげかなんなのか、魚の脱走が減りました。
見張られてるからなのか?

最近の水槽事情。

2007.02.08
いつのまにか、がらりと模様替えもされて、おさかなも増えたり減ったりした水槽です。

とりあえず本日は、全体のご紹介。

DSCF0043.jpg


あいも変わらず、お地蔵様がいらっしゃいます。
なぜかグリーニー(グリーンネオンテトラ)は、元気に水槽泳ぎ回っています。
ちなみに30匹に増えてます。

そのほか、見たことない奴らがいると思います。
さて、誰でしょう?

また、ちゃんとご紹介しなおしていきますね。

アマゾンが…

2007.01.17
水槽の中の通称アマゾンが本日お隠れ遊ばされました。

アマゾンは、コリドラスパレアタスといいます。
花コリ、青コリともいわれて、とってもきれいなコリドラスさんです。

原因は不明です。
今までみたいに飛び出したとかじゃないです。
元々うちに来たときから、死んだふりが得意だったり、泳ぎ方が怪しかったりはしてたけど、でもまぁ元気だからって思っていました。

そしたら、昨日、いつもの死んだふりが変でした。
しかも、他の魚たちについばまれかけていました。
急いで隔離したけれど、今日の昼過ぎ、最後の一泳ぎをあたしに見せてえらの動きが完全に止まりました。

いままで何の異常もなかったけれど、来たときから変だったから先天性とかかなぁ、と推測してます。
アマゾン、うちにきてから一生懸命生きてくれてありがとう。

めだまとうとう最後の1匹

2006.12.28
いつのまにか最後の1匹になってしまっためだま。

どうして?

原因不明のめだまの連続死。
小さな水槽の中のくせに、死体が上がらないのも謎。
ふやけて白いもやもやになったやつなら発見されるのに、死にたてほやほやみたいなのが見あたらない。

死んだ理由を考えてみました。

きっと、めだまたちには掟があって、お買いあげされて同じ水槽に入ったら、最後の1匹になるまで減っていき、最後に残った1匹が王者として、その水槽の中のめだま王になるのではないか。

でも、そうだとしたら、王になってもひとりぼっちだし、めだま王他のめだまいないからどうしようもないよね。
他の奴らはお構いなしだし、やっぱり違うかしら??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。